北海道で絵を描いているカトウタツヤのwebサイト 1500ccドットコム

カトウタツヤのアート作品と活動の紹介サイトです。デッサンの描き方や絵画に関する記事も

イーゼルについて

      2017/01/04

イーゼルは絵を描く際、カンバスやカルトンなどを立てかけ固定して使うもので、画架とも言われます。
デッサンやタブロー、外でのスケッチなど、いろいろな場面で使えるため、一つ持っていると何かと役立つものです。

種類

大きくH型イーゼルと三脚型イーゼルの2種類に分かれます。

●H型イーゼル






読んで字のごとく正面から見るとHのように長方形をしています。
安定が良いですが、あまり小さく折りたためるタイプの物は少ないようです。

いわゆるアトリエイーゼルというような大型のものになると、ある程度アトリエのサイズも広くないと場所をとりますし、また値段も張りますので、趣味程度ではあまり使うことはないかと思います。
※右のタイプは、おいてある絵の高さを、イーゼルについているハンドルを回すことで調整できて、大作などを描く時は重宝なんですけどね。悲しいかな貧乏絵描きの狭い部屋にはでかすぎて・・・。

結局H型イーゼルで一番使い勝手が良かったのはこのタイプ。

受験や美大に入ってからも、もっぱら室内用イーゼルと言えばこれを使ってました。

三脚型イーゼル




こちらも読んで字のごとく三脚タイプのイーゼルです。
正面から見ると二等辺三角形もしくはハの字をしています。

このタイプはH型イーゼルより軽量で、折り畳みにも向いており、アルミ製の携帯用折り畳みイーゼルもたくさん出ています。安価なものも販売されています。

室内はもちろん、野外での制作でも使うとするとこのタイプでしょう。
もし私がこれから絵を描きたい人に、どんなのを買ったらよいか相談された場合は、こちらをお勧めします。

値段はほんとにピンキリですので、一度画材屋さんに見に行くとよいと思います。
お店によっては高めの物しか置いていないところもありますが、安いグレードの商品も確かにありますので、自分の欲しいグレードの商品がない場合は、お店の人とよく相談して決めてくださいね。(一度買ったらそうそう買い替えるものでもないですので)

ちなみに私はアルミ製の折り畳みイーゼルを学生の時に買い、いまだにそれを使っています。その時は確か5000円以内で購入したように記憶しています。

 - 初心者のためのデッサン描き方講座, 始める前に ,